「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日で上半期も終了ですね。

2014,6 gotosan

雨の降らない梅雨ってのも妙なもんですね、このときはいきなり降り出しましたが
スコールみたいな集中的豪雨はいまいち慣れません。
あじさいにかたつむり、傘持って歩くしとしと雨。私の好きな梅雨の光景があまり見られないのが残念です。

この日はプラネタリウムはもちろん、恐竜展を観に行ってまいりました。
なんとしてでも観たく!展示終了2日前にすべりこみセーフ。平日なのでわりかし空いてるのかなと思いましたが、意外に人が多く、しかも大人の方が多かったです。
学芸員の方が発掘探検隊みたいなユニフォームを着ていたのが、雰囲気を盛り上げていました。

レプリカではなくて本物の化石がほとんど、そしてその化石の見本となる「ホロタイプ」と呼ばれる化石が多くあり、観る前から大興奮でした!!
この「ホロタイプ」、見本ということなのではたしてどれだけ立派な化石なのかと思いきや、本当にちっちゃくて、手の先の骨が数個だけでも「ホロタイプ」のものもあって驚きました。
その後、その種の完全に近い化石が見つかったとしても。一度ホロタイプになると変更されることはないということです。

小さいころから恐竜好きを自負していたものの、ホロタイプなんて初めて知ることもあって、まだまだだなぁ・・・と恐竜の奥深さを知りました。

さて、今回の恐竜展は主にモンゴルの砂漠で発掘された化石の展示だったのですが、その発掘には日本からも発掘隊が派遣されており、その様子ということでビデオが上映されていました。
その横には関連資料?として、化石の周りを石膏と新聞で固めたものが展示されていましたが、日本の新聞がそのまま貼られており、より面白かったです。
ビデオもそうですが、砂漠に行って、過酷な状況のなかで発掘されている現場の一部を実際にこの目で見ることによって、化石の発掘をはじめとする「恐竜」というものがますます近くに感じられました。
私にとっては化石の周りにあった「新聞」が強く強く両者を結びつけてくれました。

また恐竜展が開催されるときには観に行きたいです。
そして福井の恐竜博物館にも行きたい
Gさん、いつもありがとうございますごちそうさまでした!
スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 17:48:08|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏の肝試し | ホーム | クッキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/445-9df0118d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。