「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あいちトリエンナーレ2013

aichi-tri.jpg

2回目のトリエンナーレ2013。
今回は納屋橋と長者町。これで名古屋地区は制覇です。

長者町は繊維外で問屋も数多くあり、サラリーマンも多い。
=美味しい店が多いはず!
ということで〜すぐに腹ごしらえしました。

ここの中華料理は本当に美味しかった。

長者町はマップを見ながら点在している作品を観て歩くのに対して、納屋橋は一カ所に集中しています。
個人的に名古屋地区で一番面白かったのは納屋橋でした。

ベロタクシーという、チケットを持っていれば誰もが無料で乗れる人力タクシーに乗りました。

名古屋市科学館の定期券を忘れずに持っていったのに休みなんて完全にリサーチ不足でした。
母は名古屋市美があまり好きではなかったよう。
実は私も今回の展示はあまり好きではありませんでした。

白川公園で持っていたおむすびを指で飛ばしながら鳥にあげていたんですけれども、かわいい雀に対してハトの天然具合が・・・!
真面目な顔して米粒だらけ。
思わず笑ってしまう光景です。

くちばしの上に付いていたお米はどうやって食べるのだろう・・・。

アンジェリカ・メシティの作品は、

・プールを手のみで叩き音を奏でる女性
・地下鉄内で鍵盤ハーモニカで演奏する男性
・夜の街角で胡弓で演奏する男性
・車内で口笛のみで曲を奏でる男性

の4つの映像がそれぞれの液晶で流れた後、すべての液晶に白い浮遊物体が真ん中で観ている客を取り囲むように円を描きながら回っていて、そのバックでそれまで流れていた全ての音楽が融合して流れる・・・というものでした。

キャプションを少ししか観ていないのだけれど、そこに暮らす移民の方達の生き方が表されているようです。

この作品が一番好きでした。
いつまでも聴いていたい。

特に胡弓、馬頭琴のようにも見えた楽器を演奏する男性は、音色に合わせて低音の歌というか「音」みたいなものを出すんだけど、その音と楽器の音が合わさると波長の関係なのか、全く違う音が聞こえてきて鳥肌が立ちました。
こんな音どこから出るんだ〜!
聞き間違い?いや確かに目の前の映像から聞こえる!

そんな不思議な体験でした。

そんなトリエンナーレは今月27日までです!
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/25(金) 21:19:08|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリア料理だよ | ホーム | 乳がん検診に行きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/425-946a9e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。