「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア七日目&八日目

おはようございます!
今日も一日遅れのアップです。申し訳ない。



HDPEPhoto0138_convert_20110202235405.jpg


七日目は、朝食を食べてすぐにレオナルド・ダ・ヴィンチ空港に向かいます。
じゃっかん、体調がすぐれないわたくし…。最終日でよかった。
バスの中では、添乗員さんが今回の旅行を振り返り、挨拶がありました。
「イタリアを離れるんだな~」
と実感
もっといたい~!!

しかし留まるほどのお金もカードも無く、泣く泣く飛行機へ。
はっ!荷物、荷物!
スーツケースの重量がオーバーしていませんように…!
隣の受付に並んでいたスーツ姿の男性は、5kgオーバーしていたとのことで、せっせと手荷物に詰めていました。
5kgも何を詰めたんだろう…。
と、思案していたら無事通過できました(この絵文字は一体…)
大好きなガッサータとも搭乗前に飲み干します。
もうナチュラーレ並みにガス抜けてるけど…!

午前11時に、いよいよ搭乗。
行きと同じように、ローマからヘルシンキ、ヘルシンキからセントレアです。
ヘルシンキまでは3時間くらいなのでもうラクラクです(笑)
軽食で、全粒粉のパンにチーズ、トマト、ハムを挟んだパニーニが出ました。
これがすごいおいしかったです!
噛みごたえがあって、バターはほとんど使われていない様子。
日本のパン屋さんでは見たことがないパンです
あ!デザートにフィンランドのチョコレートがもらえました。
濃厚で、くどくなくて、これもまた美味しい~

そして、15時過ぎにヘルシンキに到着。
ここでもローマから時差+1時間です。
-8℃。行きより温かいけど、やっぱり寒い!
降りてから空港までの通路で感じる寒さで目が覚めます

行きに見た高めのムーミンショップを横目に手続き窓口へ。
乗換時間は1時間ほどなので、少しだけお店を覗きました。
母はツアーの方と見に行って、同じカットソーを購入。
空港内のお店もセールでした

さて、17時にヘルシンキからセントレアへ。
長い空の旅の始まりです

乗り込んですぐにご飯が!
フィッシュ、フィッシュと意気込んでいたら、
「Chikin or Pasta?」
エ!パスタなんてあるの!?
初めて聞きました。
興味本位でパスタを注文。
不思議な味だったけど、おいしかったよ

そして行きに見逃した!と思った「ソーシャルネットワーク」を観ることに
テレビとかでも宣伝してて映画観に行こうと思ってたんだよ~ひゃほーい☆
音声はもちろん英語にして、いそいそとイヤホンを装着して観ていると・・・



字幕全部漢字超絶意味不読(笑)




なんと中国語字幕!
まさかー!と思って、イタリア語音声、フランス語音声、と試してみるも変わらず・・・。
うわーーーん
中国からの観光が増えているから、予想すべきことだったかもしれませんが・・・。
せめてもの中高英語教育の読解力!と意気込むも、ぼそぼそ喋る場面とか意訳ももちろんあるんで、全然わからなかった。それでなくてもわからないけど(笑)

結局わかったのは、最後の最後で画面に英語字幕が出るところのみ。
結末だけわかって、そこに至る道筋がまったくわからなかったです。

日本に帰ってきて、テレビ観たらあの映画は素晴らしいとかなんとか。
でも映画館に行って観るのもなんだか癪だ(笑)!
というわけでせっかくの映画も何が何だかよくわからなかった。
仕舞いには寝てるのかと思って、良いところで母に画面を消されてしまうし

もう寝ました(笑)
でも何故だかあまり寝られなくって、シンプソンズ観てました。
アニメを初めて観たけど、おもしろかった!
エリック・クラプトンのCDも入ってました。
めったに乗らない飛行機をこれでもかと堪能しました

そうこうしているうちに飛行機はセントレアへ到着。
空の上で日をまたぎ、八日目である次の日の午前10時過ぎ。
時差が+8時間になるので、なんだか損したみたい。
実際に乗っていた時間+8時間って、不思議な感じ。
行きと帰りと考えたけれど、上手に理解できない。

空港に降り立つと、日本人が多い!
日本だー!
荷物を受け取って、添乗員さんのところに行って、チェックしてもらって解散だったらしいのですが、全然知らずに(多分聞いてなかった、ごめんなさい)すーっと出口へ(笑)
外に出て初めて気付き、そして再入場不可の文字。
しまった!お世話になったみんなにお礼の一言も言えなかった!
でも、私たちはバスで時間があったので出待ちしてました。
もう外に出ていた人もいて、全員にお礼を言うことはできなかったけれど、またどこかで会えたらお願いしますと挨拶をしました。
仲良くなった方とは連絡先も交換できて、この旅では思い出以上にたくさんの幸せをいただきました。
みなさんと旅行をごいっしょできて、本当に良かったです。
とってもとっても楽しいあっ!と言う間のイタリア8日間の旅でした

海外行きたい熱がさらに高まった!

母のつぶやきも載せて!とのことでしたので、「母のつぶやき イタリア


世界遺産も開放的。
犬も猫も敷居無し。

高速道路の壁の落書き(字体は日本で見るのと同じ)はいつ書いたのか?
ナポリのゴミは少し減ってきた?らしいが!
ベンチの「ティアーモ(愛してるよ!)」
どこでも人は大差ない。
しかしイタリアンは開放的だ。
特に南イタリアを垣間見ただけではあるが!

添乗員さんが話してくれたこと(良く勉強されていて宗教や建築の話はさすがでした)
とても印象に残っているのは、その国の習慣を受け入れること。
旅の楽しみ方(行く前、旅行中、帰った後)
おかげで今イタリア猛勉強中
味わい深い方でお世話になりました。

一般に参加したツアーの皆さまもみんな気さくな方たちで、楽しみが膨らみました。
グラッチェ
旅人は自分の楽しみと共に、日本人を落とさないようにマナーを守って友好的に過ごしたい。
旅っていいなあ。
緑に触れて新しい自分も発見出来る!

ヘルシンキの乗り継ぎ待ちに、折り紙あげた子供可愛かった!





や~、ほんと、旅って良いもんですね。

あ、初日に言っていたとんでもない発見をネタばらしです。

それは飛行機搭乗前・・・。


HDPEPhoto0000_convert_20110202235240.jpg






乗り込む前から最悪の事態を想像。
そうなんです、「FINNAIR」をフィナーレって読んだんです。
よくよく考えたらフィンランド航空なんで、フィンエアーなんですよね。
昨日のRちゃんに言ったら、
「普通そう読むよね」
と笑われてしまいました。
でも、ずっと、
<無事にセントレアの地面を踏むまでは誰にも言うまい>
<だって言葉は口に出した瞬間、力を持つからー!!>
と決意した私の気持ちを知ってか知らずか、帰りの搭乗前に
「これってフィナーレって読めちゃうよね~、あはは!」
と母。

「ばかっ(笑)」

母に向かってばか、なんて久々に言いました。
でもそのくらい真剣に考えて出発前から胸の奥底~の方に閉まっておいたんです。
そのことを母に言ったら

「ばかだね~」

って笑われました。(笑)


はぁあ~、無事に帰ってこれてよかった。
ばかって言って笑われるそんな時間さえ愛おしく感じました。
ほんとよかった。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/02/02(水) 11:59:55|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豆まき | ホーム | 幼なじみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/303-221c5913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。