「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア四日目

う~ん、まだお腹がいっぱい・・・おはようございまーす!

今日はソレントへ行きますよ~。
「ソレントへ帰れよ~」のソレントです!場所は知らなくても曲はきっと聞いたことがあるはず

「帰れソレントへ」BYパヴァロッティ
↑youtubeへリンク貼ってます。




ソレントで一時解散、各自散策に出かけます。
私と母は街をぶらぶら、お買い物へ。
この時期イタリアはセール中!お店のいたるところにSALDI(セール)の文字が!
心躍らないわけがありません!
しかし一時間という限られた時間・・・観光もしたいのが正直なところ。
ということで

SANY0317_convert_20110128215843.jpg

少し写真を撮りました。
ソレントの町並み~と、かわいい公衆電話!こういうデザインがいちいちかわいいイタリアです

SANY0320_convert_20110128215928.jpg

ショーウィンドウにワインがずらーっと並べてあったお店に入りました。
ワインだけではなく、チーズやハム、お菓子なども売っています。
2.5ユーロと安いワインを見つけるなか、最も安いワインを発見!
なんと1ℓ1.3ユーロ。日本円で150円くらいです。
紙パックに入っているので最初ジュースかと思いきや、立派なワイン。
母が飲んだところ、とてもおいしかったとのことです。
ワインが水のように安い、と聞いていた噂を実感できた瞬間です。
ここでは他に、レモンケーキ(ナポリはレモンが有名)とコーヒーポケットを買いました。
コーヒーポケット、事前に日本でリサーチしていて買うぞ!と決めていたお菓子であります。
チョコレートの中にイタリアではオーソドックスなエスプレッソコーヒーが入っているもので、添乗員さんにも聞いてみたところ有名なお菓子なのだそう。
それまでもドライブインに立ち寄るたびに見ていたのですが、5個入りで1.9ユーロとなかなかお高いお菓子。
ここでもレジ前に置いてあり、店を切り盛りしているおじいさんに聞いたところ
「1.3ユーロだよ」
との返事。安い!2個買います!
実は次の日初めてイタリアのスーパーに行ったのですが、そこよりも安かった!
ナンバーワンじいさん!
ぜひとも写真を撮ってもらいたかったのですが、忙しそうだったので声がかけられませんでした・・・。
次行ったら撮ってもらおう!

次に入ったのはSALDIの文字踊る洋服屋さん。
ここで母は紺のダウンジャケット(紺って珍しい!)、私は黒×グレーのバッグを50%OFFでゲットしました。
最初は、ショーウィンドウにあったベージュ×ネイビーのバッグに一目惚れしたのですが、その配色で同じデザインのバッグはもう売り切れてしまったとのこと。他のデザインも試してみたものの、そのデザインが一番しっくりきました。思わず同じデザインの財布を買いそうになりましたが、ぐっと我慢。
旅先だと気が緩むんですよねー
しかし今一度自分に問いただす。

「はたしてその財布は本当に必要なのかね?」と。

「いえ、私が欲しいと思っているものはポールスミスのものです」

そうだった!と思い出しセーフ(笑)


一時間後、集合場所に戻るとみんなで戦利品を見せ合いました。
ツアーでごいっしょした皆さん、感じのいい人ばかりで道中とても楽しかったです。

その後、一行が向かったのは
世界遺産アマルフィ海岸


いよいよですよ!「アマルフィ」!
でも実際に舞台になったのはローマがほとんどだという事実。
そんなことどうだっていいんでい!
アマルフィではレモンの栽培が有名で、ドライブ中にもレモンの木がたくさん見られました。

HDPEPhoto0067_convert_20110129222241.jpg

途中、絶景スポット「ポジターノの丘」にてしばし写真ターイム。
ここで例の黒いわんちゃんに出会ったのですよ。

HDPEPhoto0050_convert_20110129221401.jpg

小さな商店もありました。

SANY0322_convert_20110128235528.jpg

「何くれるの?」

SANY0330_convert_20110128235047.jpg


じゃっかん曇り空のアマルフィ。
屋根の色が似ていて町並みが美しい。
アマルフィには、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが愛する妖精アマルフィの死を悲しみ、世界で最も美しい場所に亡がらを埋め、街を作った、という言い伝えがあります。
ロマンチック~と思いながらふと聞いたことのある名前・・・。
そうヘラクレスです。
わたくし獅子座なのですが、獅子座の獅子はヘラクレスに倒された獅子!
そんなわけで私はヘラクレスに対して少々ライバル意識を持っています。
ロマンチックな気分から一転、対抗意識を燃やしたのでした(笑)

そのあと、エメラルドの洞窟に向かいます。
運良く、晴れ間も見えて、波も穏やかだったので中に入ることができました。
洞窟の隙間からお日様が差し込んでとっても幻想的でしたよ!

HDPEPhoto0055_convert_20110129221459.jpg



洞窟の中は思っていたよりも狭くて、2艇のボートで中に入りました。
ボートに乗る前に「タイタニック!」と叫ぶ船頭さん。
沈めないで(笑)!
船頭さんがオールでパシャっとしぶきをあげると、まるで宝石が散ったようにキラキラ
まさしくエメラルドでした~。
船頭さんが、どこで教えてもらったのか
「麻生さ~ん、鳩山さ~ん」
と総理大臣の名前を読み上げたのには驚きました。
「今は菅さんだよ」
と伝えようかと思ったのですが、ここ数年入れ替わりが激しいのでやめておきました(笑)

その後少し早めの14時ごろ、ホテル「ミラマルフィ」に到着。

HDPEPhoto0082_convert_20110129221958.jpg

このホテル、すっごく人気でなかなか予約が取れないんだそう。
それなのに今回は全室オーシャンビュー!やった!
しかもうちらの部屋は角部屋で、アマルフィ眺め放題でした

SANY0344_convert_20110129155200.jpg

部屋からの景色。
この頃にはもう晴れてますね~。
このミラマルフィよりほんの少し上に上ると、映画「アマルフィ」で織田裕二さんと天海祐希さんが泊まったホテルがあります。
その駐車場では織田さんと佐藤浩市さんが語り合う場面の撮影が!
通りかかっただけですが、思わず身を乗り出しました。
映画の舞台を実際に見る体験なんて無かったので新鮮です

部屋まで荷物を届けてくれたホテルマンに
「grazie!」(ありがとう)
と言うと、
「イタリア語しゃべれるの?」
と聞かれたので
「po-co、poco!」(めっちゃ、めっちゃ少しね!)
と答えました。
片言ですが、現地の人と話すのは楽しいですね。
この方にドライバーさんとの写真を撮ってもらったのですが、めっちゃ良い笑顔で
「Ok!」
と言ってくれて、寝る前に見たらばめっちゃぶれてた(笑)
全然おーけーちゃうやーーん!でもおもしろいからOK!

さてその後添乗員さんに着いてアマルフィの街まで歩きます。
写真を見てもわかるようにホテルはけっこう上のほうに建っているので、ここでも階段が大活躍です。
痛むぜ、右足!
ラヴェッロのドゥオモ広場にて解散、晩ご飯まで自由行動。

SANY0347_convert_20110129155315.jpg

そのドゥオモ(教会堂)には夕方から中に入れました。なんと無料。
本物の教会に入るのは初めてで、熱心なキリスト教信者ではない私でもその荘厳さに身が引き締まりました。
十字架に張り付けにされたイエスキリストがいるのですが、正直こころの内をすべて見透かされてそうでした。
夜なので中もろうそくの明かり以外はほとんど真っ暗なのもあったと思いますが、神様の威圧感、とでも言うのでしょうか。信じたくなってしまう、そんな思いが出てくるほどでした。
ちょっと、怖かったです。



さて、街をぶらぶらターイム!と行きたいところでしたが、この時間帯、シエスタでほとんどのお店が閉まっている!
看板を見るとだいたい5時くらいから開き始める予想。
それまで開いたら入りたい店ピックアップと開いてる店に片っ端から入ってみました。

HDPEPhoto0065_convert_20110129221647.jpg


SANY0350_convert_20110129155404.jpg

道の両脇に建つ家。
イタリアの家を見て思ったのが、洋服がハンガーに掛かってなくて、張ってある紐に掛けてあるということ。
たらーんたらーんと腕伸ばししているよう。

仲良くなったツアーの方と雑貨屋さんに入ると、かわいい塩こしょう入れ発見!
白と黒のおばけで、抱き合うとかちっとはまるようになってました。
「この調味料入れは新居に良い。あっ、新婚さんに良いかも!」
実は、ツアーに一組、新婚さんが参加していてここを紹介したいねぇと話してました。
その後、添乗員さんも来てこの話をすると、
「僕も新婚さんに何か贈らないといけないんですよね~」
とディスプレイを眺めていました。
友達が新婚なのかな~と思いつつも、聞けないまま次の店へ。

HDPEPhoto0066_convert_20110129221834.jpg

この一番奥右手がその雑貨屋さん。


レモン専門店もありました!
レモンリキュール、レモンケーキ、生レモン・・・入れ物もかわいいし、色も黄色いから見ているだけで楽しかったです。
おしゃれな洋服屋さんで、上質なピーコートジャケットを見つけたのですが、サイズが大きくて断念。
値段も半額で一万円前後だっただけに残念でした
このお店の旦那さん、めっちゃおしゃれでした。ライトブルーのセーターがかっこいい!

そうこうしてる間に、他のお店が開き始める時間帯。
学校帰りの子供たちとも遭遇して、手をふったらふりかえしてくれました!かわいい!!

狭い内緒道みたいな路地裏を抜けて、この旅初めてのスーパーに行きました。
ここが今までの値段が嘘みたいに安かった!
それまで500mlの水を一番安くて1ユーロで買っていたのが、2ℓ0.4ユーロ!!
ガッサータガッサータ!!
さすがスーパー、庶民の台所。嬉しい限りです。
ここでも1ℓのワインが1.1ユーロという値段で売っていました。
あと、ずっと欲しかったヌテッラというチョコペーストを買いました。
イタリア人の男性はマンマの次にヌテッラが好き!というのを本で見て、ぜひ買いたいと思っていたもの。
興奮して買い物していたら当然のように荷物が重くなりました。
ふと、あの階段を上って帰るのか・・・と一気に肩が重く(笑)!
でも、みんなで喋りながら帰ったのでとても楽しかったです
夜景モードで写真も撮っていただきました!

帰り道、イタリアの家族に声をかけられて、少し話しました。
小さい赤ちゃんをベビーカーに乗せていたのですが、その子がめっちゃかわいい!!
すやすや寝ていて、まつげがめちゃ長~い!
見るたびに思うのですが、なんで外国の赤ちゃんってこんなにかわいいんだろう。
は~~~

その後、ホテルで夕食をいただきました。
デザートはもちろんレモンケーキ!母、私の二倍!
交換してもらいました
その後、添乗員さんから
「あさってが誕生日の方と新婚さんに、会社からプレゼントです」
と言ってツアーに参加していた方にプレゼントをお渡ししていました!
あのとき言っていたのはこのことだったのね。
「何をプレゼントしたんですか?」とお聞きしたら、
「あの雑貨屋さんで見つけたものですよ」と教えてくれました。
誕生日にプレゼントがもらえるって嬉しいですね。
予期していないならなおさら!
このツアーがもっと好きになりました。

今日はツアーの方にいただいた湿布を貼って、おやすみなさい~。
足の腫れもだいぶ引いてきました。

HDPEPhoto0078_convert_20110129222400.jpg

夜もまた素敵




ツアーでごいっしょさせていただいた方から、写真とDVDを送っていただきました!
ありがとうございます!
ブログにアップしても良いですよ、と快いお返事をいただいたのでありがたくアップしました!
一日目のブログから、写真を増やしましたのでまたご覧ください
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/01/29(土) 21:56:53|
  2. 海外
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<イタリア五日目 | ホーム | イタリア三日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/300-f6ce1fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

織田裕二 天海

2ちゃんねる炎上中 フジ、「外交官」で謝罪…メキシコ大使館が抗議 俳優の織田裕二さんが外交官を演じるドラマで、在日メキシコ大使館員が外務省に交通事故の処理を頼んだり、不法入国者をかくまう場面があった。同局によると、2日に大使館から文書で抗議があったという...
  1. 2011/02/06(日) 18:31:11 |
  2. 外交官 黒田康作,織田裕二,柴咲コウ 最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。