「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

むかーしむかしのことじゃったぁ、

atene.jpg

家にネットが開通した。

モデムの不良もあって1週間遅れたが開通した。やった。

嬉しくて何を書こうと思っていたら、昔のことを思い出した。


小学生のとき「漫画を描くクラブ」という、なんで「漫画クラブ」にしないのか不思議だった部活に入っていた。

なかよしやりぼんを読んでいたものの、男と女が云々という漫画が苦手で、そんな恋愛事情が一切ない漫画を描きたくて友達をモデルにしたのが始まりだ。

主人公の史くんはじめ、みんなには漫画のキャラクターにすることの了承を得たものの、最後の最後まで準主役の川崎様には何にも言わずに描いていた。

それでも許してくれていた。そして気付いていたと思う。

今描いてみて一番気に入ってたのは有くんだということに気付いた。

驚くと目が逆になるので話ごとにラストの目の大きさが違って、遂には最初はどっちが大きかったのかわからなくなった。

小学生時代はこればっかり描いていたので、当時のアルバムを見るより漫画を見た方が、思い出がたくさんよみがえる。

当時を思い出して描いてみたけど、なんだかちょびっと違う。

あの頃より、線の描き方や骨格は上手に描けるようになったと思う。

そうなった上で、その頃のように、その頃で描くことは本当に難しいと考える。

自転車に乗れたら、もうこけることは難しい。


どうしてかくも、世界は反転するのか。

4次元の住人は3次元に戻ることが難しい。

4次元の住人には、5次元の世界は理解できない。

3次元に生きる私は、2次元の世界に行けるだろうか。戻れるだろうか。

1次元の世界で生きることは、できるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/12(金) 22:44:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<あぁ、麗しのフランス | ホーム | トースト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/30-5dd84585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。