「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア三日目

おはよーござんす、三日目です!

朝食後、とんがり屋根のトゥルッリを観に行きました。


HDPEPhoto0023_convert_20110129221108.jpg


HDPEPhoto0020_convert_20110129220624.jpg


トゥルッリは税金対策のために、接着剤も何も使わずに石を積み上げて石膏で固めただけのおうち。
屋根の先についているのは飾りで、各家お気に入りのモチーフを付けるのだそう。
屋根が白いものは新しいもので、黒いものは年季が入っているものとガイドのカーラさんが教えてくれました。
自己紹介をするときに「karrrrrrrrrra!」と「ラ」をすごい巻き舌で披露してくれました。
イタリア語は巻き舌を駆使する言葉が多いです。難しい!
トゥルッリの屋根にも、猫がいましたよ~。

SANY0260_convert_20110128200859.jpg

SANY0275_convert_20110128201027.jpg

「買うこともできますよ」とカーラさん。
確か20畳くらいで1,200万円くらいと言っていたような・・・。
実際にトゥルッリに住んでいる人は半分で、あとは別荘として使われているとのこと。
こんなかわいいおうちなら毎日帰ってきたくなっちゃうな。
 
トゥルッリ群のお土産やさんで、母は手作りの革ネックレスを購入。
私はトゥルッリの製作方法が描かれたカードを買いました。
あとはチョコレートとカウチョガバロというチーズ、ボールペンなどを買いました。
イタリアのチョコレートは日本より規制が厳しいので、おいしくないチョコレートは基本的には無い!と太鼓判を押されました。このチョコなーに?と聞いたらそれをペリッと開けて食べさせてくれました!
そんな優しさも加わって、おいしかったです


さて、アルベロベッロを後にし、マテーラに向かいます。



世界遺産マテーラの洞窟住宅群を観ました!

SANY0280_convert_20110128201328.jpg

SANY0282_convert_20110128202019.jpg

洞窟住居サッシ地区を練り歩きます。
サッシとは凝灰岩のことで、これに穴を開けて作られたのが洞窟住居です。
丘になっているチヴィタ地区とサッソ・カヴェオーゾとサッソ・バリサーノという地区に分かれており、私たちはカヴェオーゾからドゥオモ(教会堂)があるチビッタ地区、バリサーノと回りました。
ここでもわんちゃんが案内してくれました。


SANY0308_convert_20110128202645.jpg


SANY0309_convert_20110128202447.jpg


もはや何地区か不明。


SANY0307_convert_20110128202241.jpg

「俺についてこい」


それにしてもここは階段が多く、しかもこちらの人は当時から足が長いためなのか一段一段が大きい!
高低差もあって、前の人に着いていくのがやっとでした。
途中で、その洞窟住居の中を観れる場所があるのですが、なにぶんうす暗く旅で浮かれていた私は段差から降りた瞬間、右足首をひねった!!
激痛!
二人のお父さんに心配されながらもなんとかその日は回ることができました。





思い出すと傷跡が痛む洞窟(笑)。


昔からバスケットボール中にねんざ、マラソンしてもねんざ…とよくひねっていて、その都度保健室に行くもののシップ貼って終了~ということが多かったため、そんなに重大視してませんでした。
歩けないほどじゃないし!大丈夫!

昼食は、リコッタチーズのラビオリでした。チーズめっちゃおいしい

その後、世界三大美港といわれるナポリへ。



この道中の風景がとても美しかった。
山がきれいで、ときどき風車が回っています。かと思えば、山が低い高原のような場所を走り、ナポリが近付くと水平線が先に見えます。
持っていたノートブックに夢中で描いていました。
ナポリに近付くと、さすが都会と言いますか、人が多く街がごみごみしている。
あ!余談ですが、今回回ったいわゆる都会の場所は落書きがとっても多かったです!
素敵な外壁にスプレーでペイント…。おしゃれなのならまだしも日本でもよく見かけるような黒縁取りの大きなアルファベット…。もー残念!
さて、ナポリに戻って、港では電飾がきらきらした客船が多く泊ってました。
私の祖父は昔、海軍にいて世界中の港を回ったよ、と聞いていたので、おじいちゃんもこの風景を見たのかな~とナポリを眺めつつ思いました。
ポジリポの丘からナポリ湾とヴェスビオ火山の夜景を観に行きました。
写真撮ったんですけどね~、ぶれぶれでした
光の問題なのか私のカメラ、夜景を撮るとぶれる。夜景じゃなくてもぶれる(笑)
大きくすると見えにくいので、また「ぬくトム」(このブログの右下に出てくる小さい写真たち)でアップしますね。

さて夕食は市内レストランにてピッツァ!
このレストランのステンドグラスがとっても素敵でした!
その色の隣にそれ置くか~!と日本では見ない色の配色に目を奪われました。
写真で撮ると、自分の目で見た色と差が出るので、知っている色であてはまる色をメモしてきました。
基本取り分けず一人一枚、温かいうちにナイフで切り分けて食べるそう。ピッツァがすんごい大きくて、香ばしかったので夢中で食べていて、途中からお皿が黒くなったので「これはトリュフかもしれない」と思ったのですが、それは焦げということが判明(笑)
そういえば焦げた味もしたような…。
ナポリピッツァは人の手でくるくる~と生地をのばすので厚いところと薄いところがあって、もちもちしているのが特徴。
ローマ風ピッツァはいわゆるクリスピー生地でぱりぱりしているのが特徴。
ナポリ風を食べる前はクリスピータイプが好きだったけど、いざ食べたらナポリのもちもち感にはまった!と添乗員さんが教えてくれました。へぇ~と聞いていたのですが、その後私も全く同じ感想に(笑)
ふわふわのブレッドタイプともまた違うんですよね。強いて言えば、ブレッドとクリスピーが入り交じったような感じでしょうか・・・。強いて言うほどの説明でもなかった(笑)
前菜に出てきたサラダはやはり塩っからい。久々の生野菜で嬉しいのに半分で断念。
あ、この日同じツアーの方が誕生日で拍手が起こりました!
いいな~この感じ!!

その後ホテルに行き、この陽は無事終了です。
あ~お腹いっぱい幸せ~
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/01/28(金) 20:48:15|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリア四日目 | ホーム | イタリア二日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/299-30bbc7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。