「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア二日目

おはようございまーす!
ホテルの朝食はビュッフェスタイルだったんですが、イタリアはあまり生野菜を食べないらしくサラダなどは一切無し!果物も無し!
これがけっこうきつかった・・・。
ま、無いもの悔やんでも仕方ないし、大好きなクロワッサンと牛乳を選んでいるとウエイターが
「you are beutiful!」
と言ってくるではないですか。そう、イタリアの男性は口説き上手!そう聞いておりましたが実際に言われるとめっちゃびっくりする(笑)
女性を見かければかわいいね、素敵だね、と声をかけるのがマナーになっているのだとか。
また日本人は童顔な人が多いのでよく言われるのだそうです。
それにしても、言われなれてない私は動揺してミルクを床にこぼしました。





でもウエイター(イケメン、多分30代)は「No,problem」と言ってくれました。優しい。
食事も終わって席を立とうとすると、母にも「beautiful」と声をかけて、手をつなぎエレベーターまで同伴。
エレベーターが扉の奥にあるのですが、扉が閉まった瞬間、母のほっぺにちゅーをするウエイター(笑)!
む、娘の見ている前で・・・。扉を開けにくそうなツアーのみなさま・・・。
イタリア男性を実感した早々二日目。
あ、でもこの旅通して一番のイケメンは彼でしたよ!
奥さんいてもおかまいなしに声をかけますからね~。
でも言われると恥ずかしいけど嬉しくなりますよね!良い文化だと思います。日本ももっと言ったらいい(笑)



さて朝食後、一行は世界遺産カゼルタ王宮へ向かいます。
カゼルタ宮殿は18世紀にヨーロッパで建設された最も大きな宮殿だと言われています。

SANY0192_convert_20110126225513.jpg

この道歩いてるとき、写真では見えないけど犬がけっこういた。
5~8頭くらいかな、首輪してるから誰かの飼い犬かと思ったらそうではないらしい。
「こっちだぜ」と言うかのようにツアー一行の先頭を慣れた足取りで案内してくれました。
そして知っているかのように、宮殿に入る手前の広場までしか着いてきませんでした。どういう立ち位置なんだろうか。
とっても懐こい犬でした。イタリアの世界遺産を回って思ったことは、なぜかそこにいる犬たちはでかい。
シェパードとかハスキーくらいの大きさです。実際がシェパードいました。

SANY0232_convert_20110126230913.jpg

SANY0193_convert_20110126225634.jpg

ガイドさんに着いて一時間回りました。このカゼルタ王宮、なんと部屋が1200室もあります!
公開されているのは数十室でしたが、それでも豪華な内装には目を奪われました。
「スターウォーズ」や、トムハンクス主演の映画「天使と悪魔」、そしてそして織田裕二主演の「アマルフィ」の舞台にもなっていますよ!

SANY0203_convert_20110126225951.jpg



HDPEPhoto0006_convert_20110129220442.jpg

↑世界の歌姫サラ・ブライトマンがアマルフィの中で歌った場所。(多分ここ・・・)

SANY0216_convert_20110126225849.jpg


SANY0217_convert_20110126230555.jpg

見て!この豪華な天井!!
王様の部屋は黄色と緑色で構成されていました。
一日目に泊まったホテルの部屋も同じ色で構成されていたのでなんだか不思議。
おもしろかったのが、季節の部屋があったこと。
冬の部屋には口から寒~い風を吹く神様の天井画が。春の部屋にはいろんな植物が。あと、シャンデリアには色とりどりのガラスのお花が付いていました!ベネチアングラスだそうです。さすが宮殿~!


SANY0218_convert_20110126230743.jpg  SANY0231_convert_20110126231200.jpg

宮殿の一室から見える長い長ーい一本道。
当時の王様が一直線に来れるように、なんとナポリまで続いています。
右は下から撮った写真。


SANY0228_convert_20110126230157.jpg

宮殿内部にある国立図書館。
右の地球儀のようなものは、実は深海儀。世界の海の深さが記されています。
初めて見たんですが、このようなものがあることさえ知らなかった。

そんなこんなで観光した後は、お昼ご飯です。
こちらは前菜、主菜、デザートと出てきます。驚いたことは日本では主菜として食べているパスタがこちらでは前菜なこと。しかも一皿一皿量が違う(笑)半分だったり二人前くらいだったり・・・プラス店員さんが無愛想。
そうでないお店も多かったんですけれど、サービスとか接客とか笑顔は日本の方が優しいな~としみじみ思いました。
量がめっちゃ多いトマトパスタのあとは、ミラノ風カツレツ。ケンタッキーみたいでおいしかったです。(褒めてるんだよ!)これにサラダが付いてきて大喜び!のはずが、かかっているドレッシングがめちゃめちゃ塩っからい><かかってないのペルファボーレ・・・。
デザートはレモンジェラートでした。さっぱりしていておいしかった。
パスタは本場なだけあっておいしかったですよ!特に感動したのが湯で加減。見事なまでのアルデンテ!!
いつもパスタを茹でるとやわらか~くなってしまう私はその固さにただただ驚いていました。

昼食後は約310km先のアルベロベッロへ向かいます。
いや~310kmは長い!!



着いたらすぐ夕食。でも少しお腹空いてる(笑)

夕食もパスタが前菜、お肉が主菜、ジャラートがデザートでした。
間違ってたら書き直します(笑)

イタリア語で、poco(ポーコ)は少し、per favore(ペルファボーレ)はお願いします。
ということでお腹ぺこぺこでない私は残すのが嫌だったので、「poco,per favore」と注文。
ウエイターが一人ずつ取り分けてくれるんですよ!
母はそんな私の隣だったせいか(?)「tanto?(たくさん)」と言われ、驚きの表情で「No,no」と言ったにもかかわらずめっちゃ大盛りにしてもらってました(笑)




その後、希望者だけ夜景を観に行ったのですが、3日目も同じところを回ったため、その写真はまた次にアップします!
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/01/27(木) 22:17:33|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリア三日目 | ホーム | イタリアいろいろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/297-a8c98a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。