「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きるっていうことは

いつの間にか1000人越えてただ・・・!
わぉーーい!ありがとうございます!!
これからも奮闘するので、よろしくお願いします☆




中学生のとき、修学旅行は奈良と京都だった。
違う学校の友達は広島と言っていた。
その子は霊感が強くて、原爆ドームや防空壕に行ったときに気分が悪くなってしまってご飯が食べられなくなった。
その子のほかにも同じようになった子が何人かいたと聞いた。
それを聞いて私は、そんな思いするくらいなら違う土地にした方がいいんじゃないかと思った。

でも、
「そんな思いするくらいなら」
と思った自分を恥じた。
年を取るにつれてそれは強くなった。
書いていても恥ずかしい。
これは恥だ。
とてつもなく恥だ。

私はその子がどんな風になったのかわからないけれど、
ご飯が食べられなくなるくらい何だって言うんだ。
ずっと食べられないわけじゃない。
食べられなくて死ぬわけじゃない。
そんな人が何百人も、いたというのに。

つらくなって眼をそらしたくなって気分が悪くなったとしても
それが何だって言うんだ。
結局生きているんだ。


おじいちゃんもおばあちゃんも戦争のことを話さない。
聞いても少し、ずらされる。

だから聞くんだ。
その世代の人から、友達から、親から。
その時代の経験を、親の親の経験を、友達が聞いた経験を。

おじいちゃんの耳は、海軍で乗っていた船が炎上して、甲板から飛び降りて火の海を泳いできたから半分無いってこと。
仲間の足が化膿して、このままじゃ体全部が悪くなってしまうけれど、医療が整ってなかったから、手足を押さえつけてノコギリで切ったってことを。
その悲鳴は今も耳から離れないってことを。





眼をそらすのは簡単だ。

耳をふさぐのもきっと簡単だ。

関係ない顔をするのは、もっと簡単だ。

でもすべきことはきっと、そんなことじゃないんだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/08/15(土) 23:37:02|
  2. そんな日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BirthDay Party | ホーム | cosmos space universe>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/217-9cdb82e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。