「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒くなってくると星が綺麗。

boushi2.jpg

ロシアンロシアン

被りすぎていじりすぎてちょっと壊れ気味に(笑)

おばあちゃんのもずーっと被ってる。
元々は母のセーター。毛糸って再利用できるから優しいね。

昨日おいし~い苺大福をTちゃんからいただきました。
なんでも苺がめっちゃ大きいらしく、一口食べてみて確かにびっくり、めちゃでかです。
そして白あんの上品な味を楽しんでいる間にとろけるように無くなっていく餅。

なんだか引いていく波が思い浮かぶ。

不思議。びっくり。

今まで食べた苺大福の中で一番の美味しさだった。
それまで食べていたのは苺の酸っぱさをあんこが助けているようなもの。
そして周りを包む餅のもっちもっちした食感。
おいしいよ
おいしいけどこれ食べた後やともう何もいえないよ。

中に入っている苺と白餡は、餡が苺を助けている、という感じではなく、お互いがお互いを尊重し高めあっていて、なくてはならない存在。

そしてそれを包む餅は餅という概念を飛び越えるものだった。
(私が持っている餅という言葉に対して浮かんでくることが多い概念=(白くて)もっちもっちしている)

確かにそれはそこにあるときには餅として存在しているけれども、口に入れた瞬間餅ではなくなってしまう感じ。
口に入れた瞬間溶けてなくなる餅、と言われれば確かにそうで、それ以外のなにものでもないのかもしれないけれど、なんだかその表現をずっとずうっと飛び越えていったものが確かに頭の中に生まれたのです。

苺大福含め食べ物の中には人生のなんたるかが少なからず含められている。

自分にとって、美味しい、格別のものに出会ったときにはそれが必ずあると感じているのです。












帽子なのに大福のこと書いてもうた。

でも白いベレー帽見ると大福に見えてくるからあながち関係ないとも言えないよこれ(無理やり(笑)
スポンサーサイト

テーマ:★秋冬物ファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/12/06(土) 23:11:36|
  2. 衣いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛しの純次 | ホーム | 必要なのは、青い地球のようなもの。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomtomleo.blog21.fc2.com/tb.php/134-4d346399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。