「悩む人」と書いて、トム。

友人からの一言。言い得て妙。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の悩みたち。

kage.jpg

職場の先輩から興味深い話を聞いた。


「人は人に育てられて人になる」


犬や猫は生まれて間もないときにお母さんお父さんから引き離されても、犬になって、猫になる。

赤ちゃんのときから人に育てられたからって、人にはならない。

でも人は、人に育てられないと人にならない。

狼に育てられれば狼になる。


その先輩も人から聞いた話だから、私が断定しては言えないがそういうこともあるかもしれないと思う。


確かに犬は人にならない。
本能に犬としてのものがインプットされているのだろうか。

どうして人は未完成の状態で生まれてくるのだろう。

馬は生まれてしばらくしたら自分の足で立つ。
人はすぐには立てない。
敵が来たら逃げることもできない。

だからこそ、笑うということが身についているのかもしれない。

考えれば考えるほどわからない。
夜は余計にこんがらがって収集がつかない。




そもそも私は人なのだろうか?



私が人である保証も証明書も何もない。

私が、私は人である(かもしれない)、と思っているだけである。



私を人たらしめているものは何だろう。


二足歩行、倫理や秩序といったもの、言語、意識もろもろ・・・いったい何だろう。


自分を人でない、と本当に思い込んだらどうなるだろう。

すなわち暗示ともいえるが、暗示は人たらしめているもののひとつに入るのだろうか。

繰り返しそう思い込んでいつしか「思い込む」ことを意識しなくなったとき、人はいったい何になるのだろう。




人は人に育てられて人になる。


じゃあ機械に育てられたら・・・?



考えだすと収めることが大変なので、とりあえず明日の仕事を無事にこなすために、自分は人だ、と言い聞かせて眠ることにする。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/26(金) 23:49:21|
  2. そんな日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都嵐山

cake.jpg

のケーキ。

隣の隣のととととなりの街の百貨店に新しく入った京都の有名なケーキ屋さん。

ロングケーキ8月版を買っていただいたが、おいしかった。

上に乗ってるのプチトマトかと思ったら、名前の知らないベリーだった。

おいしいものは食べた瞬間に飛んでいく。


おーきなおっきな広ーい土っぱら に

丸太ん棒たくさん 上にお城

こけてはいけない 器用に飛び越えろ

フェンスには車椅子のおじいさんの後ろにはおばあさん

遠くまで続く竹垣 後ろには大きな太陽の沈まん

あっ あっちを見るとフランスだ

でも こっちを見るとにっぽんだ

振り返るだけなのに どうしてまったく違って見えるんだろう

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/25(木) 21:48:00|
  2. 甘いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たかが○○、されど○○。

omoronasu.jpg

おもしろいナスを見つけました。

ピエールって感じです。

こんなん見ないともうやってられそうにありません。

こんな感じで今日のブログはスタートしますので、イラストもなんもありませんが読んでくださる方はどうぞ↓
続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2008/09/21(日) 23:45:30|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪よね

551_20081008213215.jpg

もうほんと豚まんはここのが一番好き!

この前大阪行ったときに、張り切って買って冷凍庫で眠っている(笑)

ボリュームあるからなかなか減らない、でも幸せ。大事に食べようと思う。


さて、きび団子と言えば岡山だとずーっと思っていたのですが、なんと北海道も有名みたい。

旅行土産でいただいて、食べてみたのだがもっちゅもっちゅしてて美味いのだ!

岡山のとはまた違う味。

オブラートで包んであって、素朴~な味っでほんわかします。

このきび団子食べてて、そういえばオブラート好きやわぁて再発見した。

粉薬もオブラートに包めば全然苦くないし(これは驚いた)、お菓子のフルーツゼリーに巻いてあるともうジャケ買いしたくなるもんね。

言葉がうまく使えない私は友人に、「もうちょっとオブラートに包んだら?」と言われますが。

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/20(土) 21:01:35|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大好きカレー

carry.jpg

カレーが大好きだ。

自分でも作るが、母の作るカレーにはかなわない。

作り方としてはスパイス重視。

カレールゥは一鍋で1欠片しか使わない。

あとはセロリや豆や野菜くずもミキサーでガーっとして入れて、たまにマンゴーチャツネも入る。

にんじんもじゃがいももたまにしか入れないが、これでほぼ野菜カレーのできあがり。

一週間くらい食べていた。飽きない。

今回はナンも手作りだ。

めちゃおいしかったのに、冷蔵庫に残りが入ってるのを2日間気付かなくて、泣く泣く食べられないものになってしまった・・・。


カレーはインドの料理だが、日本のカレーとは全然違うみたいだ。

お店で食べてみてもそう思う。

日本人はすごい。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/19(金) 22:44:33|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソイビーンズ

omame.jpg

うまいんだな。

誰がなんと言おうとうまいんだな。

一つ書き忘れてたけど、きなこは一時期主食にしていたくらい良く食べていた。

黒豆きなこは高いけど、全然味が違うらしい。

次は食べてみようと思うのだが、今はそんなに熱狂的でもないので買う機会もなし。

無くなるまで1ヶ月分くらいありそうなんだな。


きなこも豆腐も納豆も、お豆さんしだいで味が変わるんだな。

値段にはそれ相応の理由がある。

原材料が高ければ、それだけ高くなるし、手間がかかってたらその分高くなる。

15年ものとか、その時間分をお金で買えるんは、贅沢やなぁと思う。

その瞬間が買えるんも然り。

何でも買えるんかって言ったらちゃうけど、お金で買えるものが確かに存在することも、確か。

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/17(水) 21:00:19|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう季節も終わりなの

kakigori.jpg


昔から一味違ったものが好きだ。

カキ氷ならブルーハワイ。

アイスクリームならチョコミント。

ブルーハワイは食べたあと、舌が真っ青になるのがおもしろくて、食べては人に見せていた。


青は素敵だ。

海の色、空の色、命の色。

どこから生まれてきたなんて、そんな昔のことは覚えてないけれど、本能が覚えてる。


人が一番安らぐ色は緑だと聞いたことがある。

山の色、草の色、若葉の色。

生命の生まれる場所は海だといわれているのに、緑を見た方が安心するのはなんでだろう。

今みたいに、こんなふうに、自分じゃわからなくて覚えていないことも、体には染み付いている。

そんな不思議がたくさんある、いっぱいある。


今年最後になるであろうブルーハワイを食べながら、そんなことを考えている。

テーマ:旬の味 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/15(月) 20:35:21|
  2. 甘いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あぁ、麗しのフランス

france pan

ラスクは買うと高いが、作ると安い。

菓子パンが大好きだが、何個も買うのならフランスパン一本に絞ったほうがヘルシーで安い。

持ち歩きながら食べるのが好きなので、あながち友人のイメージも間違ってはいないこの頃だ。


種類もいろいろあって、そのままでもゴマをまぶしてあるものや、チーズが練りこんであるのもある。

具材は同じでも挟む種類によって、また味は変わる。


ハードが違えば印象も変わる。

ソフトが違えどもそこまでは覆らない。

挟むものの存在感はすごいものがある。

一瞬にして、常識に飲み込まれてしまう。

その常識で、口に入れたときにはっとする。

違うのだ、と気付く。


ハードが決まっているのなら、あとはもうソフト次第なのだ。

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/13(土) 10:33:57|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むかーしむかしのことじゃったぁ、

atene.jpg

家にネットが開通した。

モデムの不良もあって1週間遅れたが開通した。やった。

嬉しくて何を書こうと思っていたら、昔のことを思い出した。


小学生のとき「漫画を描くクラブ」という、なんで「漫画クラブ」にしないのか不思議だった部活に入っていた。

なかよしやりぼんを読んでいたものの、男と女が云々という漫画が苦手で、そんな恋愛事情が一切ない漫画を描きたくて友達をモデルにしたのが始まりだ。

主人公の史くんはじめ、みんなには漫画のキャラクターにすることの了承を得たものの、最後の最後まで準主役の川崎様には何にも言わずに描いていた。

それでも許してくれていた。そして気付いていたと思う。

今描いてみて一番気に入ってたのは有くんだということに気付いた。

驚くと目が逆になるので話ごとにラストの目の大きさが違って、遂には最初はどっちが大きかったのかわからなくなった。

小学生時代はこればっかり描いていたので、当時のアルバムを見るより漫画を見た方が、思い出がたくさんよみがえる。

当時を思い出して描いてみたけど、なんだかちょびっと違う。

あの頃より、線の描き方や骨格は上手に描けるようになったと思う。

そうなった上で、その頃のように、その頃で描くことは本当に難しいと考える。

自転車に乗れたら、もうこけることは難しい。


どうしてかくも、世界は反転するのか。

4次元の住人は3次元に戻ることが難しい。

4次元の住人には、5次元の世界は理解できない。

3次元に生きる私は、2次元の世界に行けるだろうか。戻れるだろうか。

1次元の世界で生きることは、できるのだろうか。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/12(金) 22:44:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。